2016年11月30日 (水)

ツキプロライブ2016in中野

ツキチャ3巻の特典映像で、土岐さんが「Re:born、歌えるものならうたってみろ、という感じです」と視聴者を煽ってきたsmileそれだけでGrowth曲にギフトを感じているのだろう。個人的には「ラダキアナ」の方が息継ぎ困るだろと突っ込みたいのだが、そこは声のプロ(注:歌のプロではない)だから、息は長く続くのかも……と思ったりする。

到着してから3周した。すばらしい。待ってた甲斐があった。
アマゾンレビューではちらほら、出演者の音の外しが残念だったという指摘を見る。
確かにイベント慣れしていないであろうユニットから、時間を追うごとに声がなくなっていくのがあからさまで、その点は気にするとわりかし辛い(;´Д`)。

Growthは「ハウル」がものすごく良くて、次の「ルクレシア」とアンコールの「空想のレトロ」が厳しいことになっていた(;´Д`)。「ルクレシア」はコーラスも頑張っていたし、「空想のレトロ」はコーラスをカラオケに回して全員ユニゾンで歌っているっぽいのだが、それでもお声はきつそうだった。うう。
逆に笑顔をはじめ曲の演出がとてもよくて、ユニットとしては二度目のステージなのにしっかり練り上げてきたんだろうなと思った。前ライブ(ラフォーレ原宿)からの成長が明らかに見える。
くり返すが、このライブでは後半二曲目の「ハウル」が断トツに良い。ストーリーのある歌詞で感情移入もしやすいし、役者魂が刺激されるのだろうか。さっき見ていたツキチャVol3でも、4人とも絶賛していた。私はアンコールの「空想のレトロ」が好きなので、是非彼らの万全の状態でライブを聴いてみたい。その前に「Re:born」を演奏するかどうかかしら……。

SolidSは最後まで声が落ちなかった。おお~。特に花江夏樹さんはどんどん勢いが増していて、聴いている間にすっかり引き込まれてしまった。SolidS曲は大人っぽくてもコーレスを仕込んであるので、うまく観客のボルテージを上げていく。時折役者さん個人のアドリブで湧かせる。何というか、楽曲の良さとパフォーマンスの巧みさで最後まで持って行かれた感じ。アンコールの「SEXYSENCE」が会場総ノリで、くりかえし見ても楽しい。当日あの場で光る棒を振ってた皆さんが羨ましい……。

一番感想が変わったのはSOARA。
構成上、CDだと3ユニットの中で一番音が薄いし、曲にも他二つほどのインパクトは感じていなかったのだが、このライブを見て変わった。中の人達は楽器を演奏していなくても、バンドSOARAがどういうノリでどういうパフォーマンスをするのか見せてくれた。
オープニングでダンサーズプロセラが迫力満点のダンスをした後を受けたのに、まず豊永さん小野友樹さんの二人で場の空気を変え、曲の終盤で古川さん村田さん沢城さんが登場。この演出には感動した。ラフォーレの時はボーカル役の二人しか出てこなかったのに!
後半はなんといっても「マクガフィン」何が何でも「マクガフィン」。というか、この曲に行くまでの構成がすばらしかった。2回アンコールを体験した気分だった。

ライブ円盤の良さは、参加してない人間には「ライブの空気のお裾分けをもらう」なので、個人的には、まず演者の表情を見る、パフォーマンスを味わう、観客の反応を見る、などが真っ先に来て良いと思っている。むしろ当日の音に手を加えなかった編集に感謝したい。

ステージ映像は迫力満点、バックステージ映像は楽しい雰囲気でとても良かった。注文したときは正直「なんでBlu-rayなんだろう」と思ったが(;´Д`)、きれいな映像で楽しめて良かった。

そんなわけで、ライブ映像に何を求めるかで評価が変わると思う。私は立て続けに3周したライブがこれで二枚目なのでw星5つ。

2016年10月10日 (月)

公式が息の根を止めに来る

・鉄ラジ5巻のとりおろしゲストが斉藤さんと村田さん
・だけかと思ったらシノヤマアクキー付きセット販売
・26話出撃シーンの阿頼耶識カバー装着
・二期OPのアレ!アレですよアレ!

からの

・シノ機プレミアムバンダイ専売


これだけお膳立てしてくださればもう腹括るしかない……_ノフ○ 

そしてツキプロch第2シーズンの配信は未定…………

2016年9月 5日 (月)

理由

house古物件を買った理由

・2階ぶち抜きでモビルワーカーの修理も出来る。どうせ修理やるならそこまでやる。

・おやっさんと、アトラのおかみさんのコネ(信用)

・ガレージの壁に沿って延びた階段。登り切ったら二人の新居1LKB(BはBED)シャワーとトイレのみなので、一階ガレージ隅に二人で風呂建造中。

・ヤマギ「鉄華団はやっぱり、報酬に見合う分危ない仕事も多いから」

シノ「鉄華団は良いとこだけど、オレらどっちかだけ死んじゃう可能性が一気にあがるだろ。それにこっち移ってきてから、ヤマギがべたべたしてくれるheart01

ヤマギ「えー、おれそんなことしてないよpout

シノ「今だってすぐ膝に乗っかってきてんだろ?向こうにいたら絶対こんなにしてくれねえhappy02

ヤマギ「・・・・・・・・・・despair





ところで、ふたりとも子供を作れないことについて、それなりに重く受け止めてる気がする。

2016年9月 3日 (土)

しのやまのおはなしを・仮

あるフォロワーさんのつぶやきを読んで、いきなり頭に景色が広がった。
ざっくりで申し訳ないのですが、「シノヤマには(最前線より)火星で仲良く修理屋でも……」

お話として形づくる以前の物を、自分用にメモ。

修理屋。ジャンク屋でも良いかも。
二人が鉄華団から独立して、雨漏りしているガレージで機械を直したり、メンテナンスを請け負ったり。
力仕事はシノ、細かい調整はヤマギ。
最初は市街地を歩き回って二人で仕事を取りに行く。
請負が上手くいかなくて凹むヤマギの頭を、きゅっと抱っこしてわしわしするシノ。

八割がたガレージで、居住スペースはとても狭い。
機械油とホコリの匂い。
それでも二人で買った家。
古びて傷んでいるところに手を入れる。割とシノが壊す。ヤマギ切れる。
だからヤマギが壊したときは、シノが冷やかす。

そんなのが積もって口をきかない日もある。

一緒にご飯を作って。
ヤマギはまだもやもやしてても、シノはきれいに忘れてる。

戦闘の記憶がフラッシュバックして苦しむシノを、
小さくて細いヤマギが力一杯抱きしめて、何度もキスして、
「おれはここにいるよ」ってささやき続ける。

・・・・Twitterやネットで目にした色んな風景を書き連ねているだけだ。
まだ形にはならない。

オルフェンズが終わっても、私はシノヤマを書きたいと思っている。
その間に二期が終わって何かの結果が出て、
このメモも力を失う可能性がある。

でも、古ガレージの二階の窓から、
仲良く並んで火星の大地を眺めるシノヤマの背中は、
ずっと覚えておこう。

歳をとっても中二病。

2016年8月28日 (日)

「CORONA」「squall」

ALIVEの「花鳥風月」シリーズは第1シーズンのイメージにこだわらず、各ユニットが統一テーマの元に楽曲を発表している。らしい、らしくないではくくれない曲ばかりだ。

Growthはシリーズがすすむにつれ、スケールがどんどん大きくなっている感じだ。「CORONA」の曲調は「Super Nova」や「Re:born」だが、Growth曲では最速BPMではないだろうか。あとで計ってみよう。
ソロパートからメンバーを変えながらのデュエットパートや、主旋律に対する美しいオブリガードは健在。メンバーの歌声が自在に位置を変え、曲を構成することで光を放つのがGrowthの聞き所だ。てか確実に「SuperNova」に引っ張られているのだけれども、力強い楽曲を歌うときの彼らのイメージは「閃光」、眼が灼かれるような鮮烈な印象を残す。この曲もそうだ。「CORONA」だもんな、そりゃそうか。
4人ともやはり良いお声。この曲では山下大輝さんのハイトーンが真っ直ぐ飛んでくるのに耳をやられる。エンディングのハーモニーは皆さんだけによるものか訊いてみたい。Growthならありかも。

SolidSは梅原さんのお当番。梅原さんの歌い方はところどころ軽くコブシが回っていて、すっかり癖になってしまった。SolidS以外でも集め出す始末。ツキプロで一番好きな曲と訊かれたら、迷わず「人生ハードモード」と答える。梅原さんの歌唱込みで一番好きだ。

で。

今回は高めの音域で勝負。いつもの色気は漏れる程度で、切々と歌いあげる。聴き応えのあるソロ曲にしあがっている。はー、たまらん。 そういえばSolidSの花鳥風月は、一期のユニットイメージを前面に出しているなー。 曲的にはALIVEの方が何でもありなのかもしれない。Growthはユニット最速スケールアップだが、SOARAはびっくり沖縄音階曲。いつもの疾走感はどうなっているんだろうSOARA.。発売が楽しみで仕方ない。

2016年8月23日 (火)

「風」


SolidSとGrowthは8/26,SOARAは9/16発売。
これまで三枚同時発売だったが、今回はSOARAだけ遅れるらしい。お財布に優しいし(;´∀`)、ここまでグループの個性が明確になってくると、同時発売にはあまりインパクトを感じないので、無理に揃えなくてもいい気がしている。

ツキプロオフィシャルショップツアー@アニメイト池袋本店

Img_0745

サンライズフェス鉄血回に参加した。せっかく東京まで出かけるのだし、札幌は来年まで来ないらしいツキプロオフィシャルショップツァーを見ることにした。
会場に上がってびっくり。キャラクターのパネルが立っているかと思えば、ライブTシャツや壁面に直筆サイン。うおおおホントにアイドルや(アイドルだよ)。これは中の人が書いたのだろうか。特にSolidSリッカとSOARAの廉くんが目に飛び込んでくる文字で、勝手に「これは中の人の文字」認定してヘラヘラしていた。
因みに二人とも中の人は鉄華団員。

Img_0747_2
望の中の人は沢城千春さん。

缶バッヂやステッカーなど、コンプリートしないと気が済まない(;´∀`)グッズは見送った。それでもクリアファイルとアクキーだけで予算内一杯一杯まで買えて満足。
QUELLは本格参戦だし、女神候補生のグッズがあったのも嬉しかった。

下心丸出しのクズ感が半端ない色気を醸し出すSolidSだが、彼らの対として登場するQUELL(クヴェル)は音楽的な対にもなっているのだろうか。CDドラマでは早速衝突したらしいが、楽曲の目指す方向はどんなものなのか。

SOARAとGrowthは「ALIVE」(=生きた音楽、存在感)のくくりの中にいるが、実質は滝沢章さんの多彩な音楽を表現するため、グループ別に振ったのだろうと推測する。例えとして適切かどうか迷うが、ボーカロイドのどれを使えばより良く表現できるだろうか、みたいなものだ。
それくらいSOARAとGrowthは色が違う。バンドサウンドを抜いたらSOARAではないし、厚みより空間のあるハーモニーがなければGrowth感はない。だが両者の要素は「明暗、白黒」のような対ではない。

今はSolidSも滝沢さんの楽曲なので、私の中では3つのグループで並立している感じがある。平たく言えば「じょんさん(滝沢さん)すげえよカッコイイよ」だ。ただのじょんさんファンである。

QUELLの楽曲はまだ未公開なので、滝沢曲かどうかは分からない。もしそうだったら、ライン4本とかすごすぎる。イメージが「水」らしいのだが、楽曲的にGrowthと被らないのだろうかとか、素人考えで心配してしまう(;´∀`)。
それでも、リーダー役・武内俊輔さんの歌はキンプリの「EZ DO DANCE」一曲で惚れてしまったので、オリジナル曲に期待がつのる。

2016年7月18日 (月)

コンポできこう

 置物と化していた居間のステレオを復活させた。
 Growth堪能中。

 大きめのスピーカーで聴くと、安定した低音に力強いメンバーの声が軽やかに乗っているのが分かる。
 花鳥風月シリーズ最新作「不死鳥のネビュラ」は本当にすばらしい、現時点で最高のワークだったと思っている。

 

次回の「風」も楽しみだ。

 でアニメイトでツキウタ。フェアをやっていたので、ここぞとばかりにグッズを買う。ムービック通販でも1000円以上でステッカーがもらえた。グラビ揃って、プロセラ3人、Soldsなし、SOARA3人、Growth1人。SOARAの望くんがダブってた。
 四月のライブのパンフレットがまだ手に入ったのが一番嬉しい。円盤は11月。




2016年7月 7日 (木)

吉良知彦さん

Twitterのタイムラインに、その記事は何事もなかったみたいなフリして、ぽんと投げ込まれた。

しばらく疑問符しか浮かんでこなかった。
頭が記事の内容を拒否していた。
どうして?しか浮かんでこなかった。

つながりのないアニメ見てアニソン聴いて、ずっと拒否していた。

今日のタイムラインは静かに通常営業。

吉良さんについてのつぶやきはない。

「ヒミツのここたま」で、こころちゃんとのぞみちゃんの呼び捨てイベントが見られて幸せだった。そこでふっと、うちにあるザバダック聴かなきゃな、と思った。

のれん分け後の一連の動きがどうしても受け入れがたくて、
一時離れていたこともある。

それが引き戻されたのは、光田康典さんのアルバム参加(ゲーム音楽三昧で大量のリクエストがくる「時の傷痕」のギターは吉良さん)。極めつけは運よく行けた光田さんの20周年ライブでの、生演奏だった。

すばらしかった。
ギターが太田光宏さんでなくて、ちょっと凹んでた自分をものすごく反省した(;´∀`)。

誰が聴いても「あっ吉良さんのギター」とわかる演奏。
唯一無二と呼ぶに相応しい音。

アーティストが亡くなると、紡ぎ出していた世界も丸ごと停止してしまう。美しく色あせないまま。

つらいな……。



心からご冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。






2016年7月 6日 (水)

Days1話

原作未読。音楽が池頼広さんと聴いて飛びついた。クライマックスシーンの劇伴がこれでもかと盛ってきて、気持ちいいことこの上ない。

全くの未経験者だが「しがみつく」気持ちは一級品のつくし、上級プレイヤーだがどこか情熱を見失いつつあった風間、事実を冷静に見つめて判断を下せる水樹。1話で主に描かれたのはこの3人。
キャラクター造形に目新しさは感じなかったが、1話では映像から感じるしかない「風間がなぜつくしに声をかけたのか」その一点がストーリーの柱であると感じた。
風間はつくしに何かを感じてフットサルに誘っているが、逆に言えば、つくしから風間に向かって何かを感じさせるメッセージが放たれていたのだろう。今の彼が声をかけずにはいられないなにか。一方水樹は「気絶されたら困る」と、つくしが持つ身体能力をばっさりと切り捨てる。両者が初心者つくしから見出した才能?の対比が鮮やか。

つくし役の吉永さん、見たことないお名前だけど聴いたことあるお声だなあと思ったら、パズドラクロスの主人公君だよ!山下大輝さんや村瀬歩さん、山本和臣さんとも味わいの違う高音で、個人的には芯の強さをがっつり出して演じていらっしゃると感じだ。他のキャストがこれでもかという豪華さなので、是非頑張って目立って欲しい。

«去年の4月のライブ